痛み

包茎手術で最も心配なのが、手術後の痛みはどれぐらいあるのかということではないでしょうか。手術後1週間や2週間経っても痛みが治まらないなんて悪い方向へ考えてしまうものです。はたして、手術後の痛みはどんなものなのでしょうか。答えはほとんどの人が、あまり痛みを感じないだそうです。だからといって無茶な下半身の動きなどは避けての話です。もちろん縫ってあるのですから、傷があるというのは事実です。

包丁で少し指を切っても、切った箇所を触ったりしたら痛いのは当たり前です。それと同じぐらいと考えていいのではないでしょうか。ただし、これに関しては術後1時間以内の話だと思ってください。やはり1時間が過ぎれば麻酔も完全に切れてしまいます。とはいっても、うずくまるほどの痛みは襲ってきませんので安心していいはずです。

少しうずく程度でしょう。やはり人間の体です。手術したのですから、多少の痛みは当たり前なんです。そこには神経が通っているのですから、傷が痛むのは当たり前ということです。むしろ生きている証ぐらいに思っていいのではないでしょうか。傷の痛みもそうなのですが、包茎の方が手術を受けるのですから、なんといっても正常時でも常に亀頭が出ていることによる違和感の方が勝るのではないのでしょうか。術後は包帯を巻いていますから、ある意味まだ亀頭が皮を被っていると同じ状態です。その包帯もすぐに取れるわけですから、その亀頭が下着などに直接触れることに慣れてないというのが一番かと感じます。もちろん多少の痛みは慣れるまであるでしょう。この痛みがなくなるまでが包茎手術なんではないでしょうか。

<特選サイト>
全員男性スタッフなので恥ずかしくない包茎手術専門のクリニックです ⇒ ⇒ 包茎